スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バングラデシュVISA申請と珍ワット
風邪がよくなってきたので、バングラデシュのVISA申請へ
宿のあるOn-Nutより23番の無料バスに乗り、バンコク・バングラデシュ大使館へ向かう。
SARLエアポートリンクのクロンタン駅手前の陸橋が見えたら下車し、Ekamai Soi30徒歩5分。蓮の花で埋め尽くされた大きな池が見えたら到着!ブルーの門と美しいタイル。

20140109_01

ミャンマー大使館はいかにも役所的な建物で、VISA申請の長蛇の列で1時間半かかったけれど、バングラデシュ大使館は邸宅の様な場所で、申請は私達以外でたったの3人。申請書も間違えだらけでグチャグチャな書類になっちゃったけど、ゆるーい感じで受理してくれた。受取りは翌日の午後。無料だし早いしいいね、バングラデシュ!
20140109_02

日本人はVISA代金無料だけど、国によって代金が異なる。US.、UK.、Australiaが特に高いね。日本人で良かったよ。
20140109_03


小腹が空いたので、割と賑わっている屋台へ
仕事の休憩時間で食べに来ていたグループの隣の席に座った。日本語が少し話せる女の子が話しかけてきた。麺の説明やタイ語など、いろいろと教えてくれた。みんなフレンドリーで笑顔もいいし優しい。連絡先を交換し、みんなは仕事へ戻って行った。「ほんとタイっていいな」と何度も口ずさんでしまう。
20140109_05

注文した30バーツの麺もすごく美味しい♡ ミャンマーの麺も美味しかったけれど、タイの麺も相当な物だ。どこの屋台もそれぞれの味があるので、毎日食べても飽きない。ふらっと立ち寄った屋台が想像以上に美味しいと、自分のお気に入りを見つけた様で嬉しい ^ ^
20140109_06

普段来ないエリアなので周辺を散歩する事に。
先ずはワット・パーシー
普段目にしているワットと違う雰囲気。建物には車輪の様な物が風で回っている。不思議な空気が流れている。
20140109_07
20140109_08


いろいろな表情の仏像が並ぶ中
20140109_16

すごく痩せた仏像も
20140109_10

誰かしら?
20140109_11

Bhudha Baby.....老けすぎ
20140109_12

えっと、、、もう誰がどんな方なのか、偉い人なんだか、そうでないのか、
仏教なんだかヒンドゥー教なんだか、いろいろな像がありすぎて何を祀っている場所なのかサッパリ分からず。
20140109_131


本堂らしき2階に上がると改築中の様子。壁画や天井画も不気味。
理解不可能になってきたので、勝手に新興宗教なんではないかと納得させる。
20140109_14

どこも改築中ばかりだったが、何故か人の出入りは多く、でもどこに消えていくのか分からず。

同じ敷地に併設されたバイリンガルスクール。イベントの用意をしている様で風船で飾り付けしていた。あー、オアシス!
20140109_15

※帰宅後、ネットで検索しても、何のお寺なんだか分からなかった。ご存知の方いらっしゃいましたら教えてください。勝手に珍ワットに登録です!


珍ワットを観た後はトンロー通りをお散歩。タイの芸能人が経営する店やセレブ御用達のラグジュアリーなレストランやバーも集まるエリア。「ハイソな街」というイメージで、お洒落なお店が多い。ウェデイングドレスのSHOPや塀が高すぎて中が見えない厳重な高級住宅も多い。そして、日本?と思うほど日本語が表記されている。
20140109_17

更にトンロー駅に近づくとダイソーに大戸屋、とんかつのMAISENや沖縄料理も何でもある。こんなにも日本人ターゲットのお店が多いことに驚き!
20140109_18

お洒落SHOPもあり、眺めるだけで楽しい。いくつになっても女の子の気持ちを忘れずにいたいので、ウィンドーショッピングはココロがときめく。
20140109_19

お気に入りのSHOPを発見!ビンテージの革製品が並ぶセンスの良いお店「(un)FASHION Vintage Collection」。これが旅の終わりの頃なら、迷わずに数点のブーツとバッグを買い占めるだろう。ウットリ眺めながら店を後にした。
20140109_20

一日の〆はトンロー駅周辺にあるイサーン料理食堂「クルア・ロムアイ」へ
サイウァ (北タイ料理のハーブソーセージ)110バーツは貧乏旅の私達には思い切った金額だったけれど、満足のいく美味しさだった。イサーン料理は辛いけれどクセになる美味しさ!
メニューの写真に卵付だったので「卵つかないの?」と尋ねたら「ちょっと待って」と薄いオムレツを別皿で持ってきた。お会計時に卵代10バーツ請求されたので「写真と違うよ」と抵抗したら無料になった。分かりやすく別料金とか教えて欲しいよ。たかが10バーツ、されど10バーツなのだ。
20140109_21



観光的な要素はほとんどないけれど、タイの街を歩くだけで楽しい。いろいろな表情を見せるバンコクは私のココロをくすぐる。エカマイ&トンローエリア、私は大好きです :)




にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
 
あけましておめでとうございます☺
このブログを更新するのも一年ぶりですね。全く更新されないブログなのにも関わらず、毎日覗きに来てくださる方々がいると思うと、もう少し頻繁に記事をアップしないとなって思います。


2014年の幕開けは、ミャンマーのモンユアと言う街で迎えました。仏教の国なので、あまり派手なカウントダウンなどのイベントはありませんでしたが、小さな教会で心温まる新年を迎える事が出来ました。


昨日、ミャンマーよりタイのバンコクに戻ってきました。今はゲストハウスのドミトリーに滞在しています。治りかけていた風邪がぶりかえし、昨晩は咳き込みながら寝ていました。ドミトリーなので、同室の人たちに風邪をうつしてしまわないかと気がきじゃなかった。嫌がられるどころか、アメリカ人男性は「冷房は寒くないかい?」「のど飴あげるよ」とHALLSをくれ、シャイで無口なモルドバ人男性は、何も言わずに冷房を止め窓を開けてくれました。皆さん暑がりで、普段は一日中ガンガン冷房つけっぱなしにする人たちなのに。布団に横たわりながら、こんなに温かい気持ちを頂く事が出来るのなら、風邪も悪くないな、なんて思ったり。体調は良くはなかったけれど、精神面でとても元気になりました。これで明日は心身ともに元気になるはず!

ミャンマーの街でよく見かけた「Warmly Welcome」のスローガン。この言葉を見る度に心が温まりました。ミャンマーの国民性を表しているピッタリな言葉だと思います。そして、ここタイもミャンマーに負けず劣らず優しい国民性です。温かな気持ちをたくさん注入させて頂き、私自身も他人に対して同じ様に接することが出来ればと思います。


旅を始めて4年目になりました。「4年目なんてスゴイね!」と出会った方々に尊敬を込めた言葉をかけてもらう事もしばしば。恥ずかしながら、私達の歩んできた3年間は全くすごくも何ともなく、ただ時間だけが流れてしまっただけなのです。一箇所長期滞在も私的には大好きだけど、旅をしているとは言いがたかった。今年は旅にシフトチェンジし、いろいろな国を散歩し、たくさんの方々にお会いしたいと考えています。4年目ですが、ある意味1年目。旅再スタートの気分で楽しみたいと思います。


近日中の予定としてはバングラデシュ、インドに向かおうと思っています。お近くにお住まいの方、旅行に来られる方がいらっしゃいましたら、ご一報くださると嬉しいです。皆さんの笑顔に触れ、沢山の元気を頂きたいです ^ ^



2014年、さらなる安らぎと愛と喜びが皆様のもとにありますように。
Much peace, love and joy to you all in 2014.


20140101_03
20140101_04
20140101_02
20140101_01





にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
 
あけましておめでとうございます☆
遅ればせながら、あけましておめでとうございます。


一年が経つのがあっという間に感じます。
この前2012年になったと思ったのに、もう新しい年がやって来ました。

昨年の年明けはニュージーランドで迎え、シンガポール、タイ、日本、そしてカナダへと移動しました。一年間で日本含め、行った国は5カ国。一カ国の滞在日数が長く、濃い時間を過ごした一年でした。私たちの地球さんぽも3年目になり、この調子で行くと後10年くらいかかりそうなので、さすがに今年からペースアップしていかないと。そして、「健康」「学ぶ」「スッキリ」「時間を大切に」を意識して行動したいと思います。次の渡航先は東南アジアの予定ですが、どこに出没するかはまだ未定。神出鬼没の私達ですが、お近くに来られる方はご一報くださいね。


心穏やかで愛と笑顔で満ち溢れる一年になります様に。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

We love you very much and we wish you prosperous New Year with a lot of love.

Los queremos mucho y les deseamos Feliz año nuevo, con mucho amor.


20130101




にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
 
めでたいパーティー♫
今回、日本に寄り道したのは、いろいろと用事が重なった事もあるけれど、
決め手となったのは、大切な日を日本で過ごすため。

nicoママのお誕生日

海外に出て一番気になるのは、何と言ってもママの事。
いつまでも元気と思っていたけれど、まわりから見たら「おばあちゃん」と呼ばれる年齢。
ママの健康がいつも気がかりで、旅が長くなればなるほど気になって仕方なかった。
いつも頭の片隅で、片隅と言ってもかなりの比重を占めていて
心配しすぎて旅を心底楽しむ事が出来ないでいたの。

ニュージーランドから東南アジアに入り、日本がとても近くなった。
次の目的地への通り道に日本はあるし、それならママの顔を見て行きましょう!
時期的にもちょうどいいし、一時帰国するにはグッドタイミングだった。

5月29日

この日を特別に思う人は、世界でどのくらいいるのだろう。
その人達と同じ様に、私にとっても特別な日。
大好きなママのお誕生日なのだ。

当日は自宅でささやかにお祝いをし、その週末に親族でパーティーを企画した。
私の姉夫婦と相方さんのご両親。結婚する事により家族が増えるのは嬉しいね。

久しぶりに中華街に行ってみたいというママのリクエストで中華街にある招福門を予約した。
パーティションを仕切っただけの個室を想像していたが、重厚な雰囲気で落ち着ける個室。
味付けは中華特有の濃い味ではなく、品のある美味しさ。

◆四種前菜の盛り合わせ
◆五目入りフカヒレスープ
◆芝海老のチリソース炒め
◆牛肉のオイスターソース炒め
◆肉シュウマイ
◆フカヒレ入り蒸し餃子
◆白身魚と野菜のあっさり炒め
◆椎茸と鶏肉と筍の煮込み
◆蟹肉入りチャーハン
◆杏仁豆腐

20120602_01

ろうそくは歳の数だけ用意したのに、何故か4本しかたててくれなくて残念。
20120602_03

たった4本なのに、消すのに一苦労!全部消えるのに時間かかった。
これ以上増えたら大変なので、結果的には4本で良かったかも。
20120602_02

相方さんのお母さんから素敵なバッグを頂き、嬉しそうなママ。
色合いが淡いグラデーションで上品な感じ。いろいろな服装に合わせやすそう。
お義母さん、どうも有難うございました ^ ^
20120602_04

集合写真だーい!
いつまでもみんな揃ってお祝い出来ればいいね。
この日のために毎年一時帰国したいくらいだ。
(つーか、早く一周して帰国すればいいんだけどね。てへっ)
亡くなったパパが「俺は100まで生きる」ってよく言ってたね。
パパの代わりにママは100まで!200まで!長生きしてね☆
ママ、お誕生日おめでとう
20120602_05


(記:2012.06.12)



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
 
↑ポチっとお願いします☆



カミサマ来臨
日本寄り道中の私は、日々ひっそりと暮らしております。
家篭りで、日本でやっておくべき作業を毎日黙々と。

そりゃあね、久しぶりに友達と会いたいわよ。
思う存分いろんな話で盛り上がりたいわよ。

でもね、そんな事したら破産しちゃうの。
バキューン!と即死ね。
世界一周も終了、チーンと鐘がなってしまうわ。

そんな事にならない為にも、家篭りに限るのだ。


ある日、必殺!家篭人の私に素敵なお誘いが。


「観劇のチケット代と夜ご飯おごります


このメール見た時に、そりゃあもう輝いて見えたわよ。
なんて素敵なお誘いなのー!
私の中の小人達がうっほっほーうっほっほーと小躍りしちゃったわよ。

でもね私、いい大人だし。
そんなにいろいろおごってもらう訳にはい、、、、



くーーーーーーーーー!!!



オトナnicoはコドモnicoにKO負け!
速攻「いく!いく!いくーーー♡」
と、心のなかで鐘をカンカン鳴らしたわよ。

あー、情けない。
何度も言うけど、いい大人なのに。アタシ


という訳で、すっかり甘えて、ひょこひょこ池袋まで向かいましたとさ。

池袋・・・人生で20回も行った事ないかも。
なのに、相方さんと出会った場所は池袋。
なんて考えながら待っていると、友人のサイさん登場!

二年前とほとんど変わらないお姿。
でも少ししゅっと引き締まったかも。
あら、今日は何だか後光が差している。
(あ、奢ってもらえるから?)
私には神様仏様の様に神々しかった。

久しぶりに会えて話したい事も聞きたい事も山盛り。
池袋の街も久しぶり。っていうか、都会久しぶり。
目に入るもの全てが新鮮に映る。
おのぼりさんの外国人の様だ、あたし。
一人でキャッキャしながら街をスキップした。


宮崎県 日南市 塚田農場

宮崎県日南市塚田農場直営の「地頭鶏」をはじめとした、
獲れたての素材と自慢の郷土料理のお店。
時間が早かったせいか、私たちが本日初のお客らしい。
スタッフ揃って元気で大きな声で挨拶をしてくれる。

この接客の感じ、日本だわ。

海外で居酒屋なんて一回しか行ってないし、
このテンションの感じ、日本に帰ってきた!きた!きた!
とても愛想良い店員さんがメニューの説明をしてくれる。
このお姉さんの接客、かなりレベル高し。
店内の隅々まで目が行き届き、小さな気遣いが関心するばかり。
よく日本の接客サービス過剰で気持ち悪いと聞くけれど、私はこういうのかなり好き。
やっぱり元気がよくて気配りが出来ていると気持ちがいいし、ご飯も美味しく感じる。
サービス良いとまた来たいって思えるし。

どの料理も美味しすぎる!
日本帰国してから、お寿司や和食は何回か食べた。
でも、この味付けはまだ食べてなかった。
一品一品美味しすぎて、あまりの美味しさにぽっくり逝ってしまいそうだった。
お皿が半分あくと、店員さんがすかさず違う調味料を持ってくてくれる。
「この味もお好きかなと思って持って来ました!」
柚子胡椒(しかも♥型)やキャラメルソール生クリームなどなど。
本当に良いタイミングで持ってきてくれる。ワンダホー!
鶏を焼いた油でガーリックライスをサービスしてくれる。(これも♥型)
久しぶりの居酒屋という事を加味しても、このお店かなりスゴイ!
20120531_10

特別にサービスです!(本当は特別じゃないはず)と言って、名刺を持ってきた。
最初は主任から始まり、2回来店すると係長に昇進するらしい。
昇進ごとに何かのサービスが受けられるんだって。面白いね。
20120531_05

料理も美味しすぎるし、接客も良すぎる!
サイさんとは登山の話で盛り上がり、本当に楽しい時間を過ごす事ができた。
20120531_06

お店の前で記念撮影。来店から最後まで素晴らしい接客をしてくださった店員さん。
20120531_07

最後にステッカーのサービスと手書きメッセージ付きのお味噌のお土産まで持たせてくれた。
20120531_08

私の記憶の中でこんな素晴らしい接客する居酒屋は初めてかも。
再出発する前に、もう一度行きたいと思ってしまった。(無理だけど)


その後、メインイベントの演劇鑑賞へ
池袋シアターグリーン BASE THEATERでジャングルベル・シアター公演の「ママ」
演劇鑑賞も本当に久しぶり。最後に観たのはいつだろう?きっとケラリーノ・サンドロビッチ?
予想以上に面白かった!相方さんなんて、涙が出たらしいよ。
テレビや映画よりも間近で観ているから迫力あるし、その空気感に引きこまれた。

本当に楽しい一日だった。
こういう過ごし方をするのは、とても久しぶりに感じる。
日本に一時帰国しているだけで幸せなのに、
こんな楽しさを味わせてくれた友人に心より感謝です。

サイさん、本当にどうも有難う!
nicotaliは心より感謝しています。
いつか必ず、お礼倍返し

いつか、モンブランかアコンカグアを一緒に登れたらいいね ^ ^


(記:2012.06.01)



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
 
↑ポチっとお願いします☆




Copyright © にじいろ地球さんぽ. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。