スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やっと出会えた景色
皆様、ご無沙汰しております。

前回のバンコクから5ヶ月が経ちました。その間、どこを散歩していたかと言うと、、、
タイの南の島→マレーシアのランカウイ島からバングラデシュに飛び、インド、タイ、マカオ、香港と移動し、現在は中国の張家界という街にいます。今まで良い事も悪い事も含め、いろいろな事が起こり、書きたい事も盛りだくさんですが、いつかお会い出来た時にでも聞いてやってくださいな。

今朝この街を出るはずでしたが、昨日相方さんの歯の詰め物がドライキウイをかじってとれてしまったので、歯医者に行き処置してもらい、それが夕飯のふわふわ卵炒めで再度とれてしまったという。どんだけの医療技術なんじゃい!とツッコミ満載な感じで。仕方なく、違う歯医者に行くために延泊決定です。

不幸中の幸いとはまさにこの事。この街は人がとても良い。何と言っても宿のオーナー家族が最高に親切。事情を説明すると、昨日に引き続き今日も歯医者に付き添ってくれると言う。ありがたや〜!宿泊客のロシア人カップルをみんなでバスターミナルまで見送りに行った後に、街一番の大病院に連れて行ってくれました。

DSC_1214mini


昨日の街角歯医者とは大違いの大病院でビックリ!宿のオーナーの「今日こそはちゃんとした歯医者を紹介する」と言う意気込みも感じられます。先ずは診察券を作り歯科へ行くと、オーナーと歯科医があーだこーだと話している。「外国人はダメなのか?」と心配していると「診察台へ座って」と相方さんが案内された。(ほっ、良かった!) 10分で終わると言う。(早っ!!) 
20140628Tally歯医者mini


その間、オーナーと一緒に2箇所の窓口で支払いをして、領収書をもらい歯科へ戻ると、相方さんの処置はあっという間に終わっていた。(本当に10分で終わった) かかった金額117元也!昨日の街角歯科は50元だったので2倍以上の金額。その分、ちゃんと処置してくれている事を願います。

オーナーが付き添ってくれたお陰でスムーズに終わった。彼がいるこの街で詰め物がとれて、本当に運が良かったと思う。丁重にお礼を言い、急いで宿に戻ると言うオーナーにTaxi代を渡そうとすると「No! No!」と受け取らない。「あなたの親切にお礼がしたい」と伝えると、恥ずかしそうに受け取ってくれた。「また後でね」と言い、別れた。


朝食もまだだったので、マクドナルドへ。 「1時間経たないと心配」と言う慎重派な相方さんと時間差でのんびりと食事を摂る。この街に来てから初めての晴れた空を眺めながら、相方さんが「武陵源に行こうか」と提案してきた。えっ、と耳を疑ったが私にとっては「待ってました!」のセリフ。武陵源観光を楽しみにこの街に来たのに、ずっと天気が悪く、視界が雲に覆われほとんど観る事が出来なかったのだ。入場チケットは3日間券245元、7日間券295元。3、4日で次の街へ移動するはずだったので3日間券を買ったが、それは既に切れていた。今日行くとなると新たに3日間券を購入する事になり、日本円にすると一人3,995円。長期旅中の私達には高価な金額である。普段、財布のヒモの固い相方さんの口からそんな言葉が出るなんて驚きだった。すぐ様「行っちゃう?行っちゃおう!キャホー!!」とノリノリになった私。善は急げと注文したソフトクリームを飲み込む様に食べていると、「やっぱり止めよう」と相方さんが言い出した。「他も観てない所いっぱいあるし、また来よう」と言うので「また来れるのなんていつか分からないし、来れたとしてもその時に天気が悪いかもしれないよ。天気の良い今日がまさにチャンスでしょ!」と「やるなら今でしょ!」的な説得をし、バスターミナルへ向かった。

山の上の天気は近くまで行かないと分からない。バスに乗って現地に着き、ロープーウェイ乗り場に着くまでドキドキだった。しかし心配無用!雲が山にかかる事なくベストな天気。またしても慎重で倹約家な相方さん。ロープーウェイ代が勿体ないから3時間かけて頂上まで歩くと言い出す。「3時間もかけて歩いたら観る時間なくなるし、1,000円ケチって山の天気が変わったら全部パーだよ。行くなら今でしょ!今でしょー!」とまた説得をし、勢いで乗せた。
P1540010mixmini.jpg


頂上にある案内図。この黄石寨景区は武陵源観光のハイライトのひとつ。1.6kmの整備されたコースを周り、雄大な大自然の景色を楽しむ事が出来る。
P1540019mini.jpg


結果的に正解!時間配分も丁度良く、前回来た時には全く観れなかった物が全部綺麗に見えた。同じ道を歩きながら、「ここにはこんな景色が隠れていたんだ」と種明かしされたみたいで嬉しい。やっと出会えた景色。二回目だからこそ味わえる、この感激もひとしお。
黄石寨mix


自然の雄大さも素晴らしいけれど、その中に暮らす生命にも癒やされた。森に住む猿の親子。親から子へ、子から親への沢山の愛情は、人間と一緒だね
黄石寨おさる



(実質レート:1元=16.31円)




にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
 

スポンサーサイト
Copyright © にじいろ地球さんぽ. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。