スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Go Sign!
「あなたの夢は何ですか?」

聞かれる度に、迷う事なく「世界一周」と答えていた。
自分の夢が世界一周と思い始めたのはいつからだったのだろう?
記憶にないくらい遠い昔から、そう思っていたっけ。


夢が叶うというのは、あまりにも現実味が湧かないものだ。
随分長い時間が経ったけれど、いざ行けると思うと不思議な気分。
しかも最愛の人と一緒に行けるなんて、この上ない幸せだ。

それなのに、何でだろう。
念願の世界一周、一刻も早く出発したいはずなのに、
何故だか私のココロも体も重かった。
頭では出発したいのに、まだ日本を離れるのは早い気がした。
相方さんにきちんとした理由も説明も出来ず、
ただ「まだ日本にいなきゃいけない気がするんだ」と伝えるしかなかった。
そんなはっきりしない態度の私に、相方さんの不信感は募るばかり。
何度ともなく、言い争いを繰り返したりもした。
別々に出発しようという案も出たけれど、それでも相方さんは待っていてくれた。
自分でも自分が分からずに、申し訳ない気持ちでいっぱいだった。


7月下旬出発予定を9月1日に延期した。
しかし、8月に入ると日増しに体調が悪くなり、下痢、目眩に吐き気、意識が朦朧とする日が続き、9月の出発が近づく頃には首に3cmもの腫瘍が出来た。痛みで口が開かずにご飯や睡眠も満足に出来なかった。出発は無期延期に。
10月に入り、段々と体調も回復し、残すはとれた歯の詰め物と何故かモワモワする箇所の治療。


先週のある朝、目覚めると歯のモワモワがひいていた。
今までずっと続いていたのに不思議に思った。
その日、伯父さんの訃報が届いた。亡き父、三人兄弟の末の弟さんだ。
二番目の弟さんも数年前に亡くなっており、最後の一人だったのだ。

「俺の代わりに行ってきてくれ」
父の声が聞こえた気がした。


家族と親族のみの10名足らずの家族葬。
しめやかな空気の中、住職のお経と鐘の音が会場に響き渡った。
比類ない、透明で深みがある読経に心が奪われた。
グレゴリオ聖歌を彷彿させる、荘厳な空気に満ちあふれた。
亡くなった伯父さんの思い出は数えるくらいしかない。
それでも涙が止まらないのは、きっと父の涙だったのだろう。


「もう行っていいよ」そんな声が聞こえた。
今まで自分を引き留めていたものが、すっと消えた気がした。


心残りはまだまだ沢山ある。
年老いた母と離れてしまう事。
モワモワした歯が再発しやしないか。
日本を離れる前にやらなければいけない事も山盛り残っている。
それでも、きっと今が出発のタイミングなんじゃないかと思う。
歯が再発したり、母が病気になったりしたら、すぐに飛んで帰ってこよう。


延期した事によって、相方さんや家族、周りの方々に心配や多大な迷惑をおかけしました。それでも自分的には、これで良かったんだと思っている。予定通りに出発していたら、海外で体調を崩し、歯の詰め物がとれていただろう。旅茶箱のラストにも行けなかったし、相方さんは友人の結婚式に出席出来ず。伯父さんの葬儀に弔問する事も出来なかったら私は一生後悔したに違いない。


今まで温かく見守って下さった皆様、本当にどうも有難うございました。
やっと自分の中のGo Signが出たので、10月26日(火)に出発致します。
当初の予定は、京都・大阪の友人に会い、九州へ南下し、福岡からフェリーで釜山に入る予定でした。全てのコースを白紙に戻し、成田出発です。


行き先は、着いてからのお楽しみ ^ ^

スポンサーサイト
Copyright © にじいろ地球さんぽ. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。