スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
::お題:: 旅の思い出♪ 死者の日
【世界1周雑貨バイヤー お題】あなたの旅の思い出をブログで紹介してください!


ここ3年連続でメキシコに行っているのですが、その目的は『死者の日』です。一昨年はパツクアロ、一昨々年はオアハカで過ごしたので、今回はオアハカに滞在する事にしました。

まず、死者の日とはなんぞやというところから。

毎年11月1日と2日は『死者の日』と呼ばれる祝祭日で日本のお盆にあたるもの。10月31日の前夜祭を含め3日間続く。一ヶ月前から死者を迎える為の準備を始める。花で飾り付けした祭壇には写真やがいこつモチーフ、砂絵、キャンドル,パンなどのお供えものを飾る。墓地では親族一同集まり、死者の魂と共に夜通し賑やかに過ごす。11月1日は子供の魂、2日は大人の魂が戻る日とされている。



死者の日が近づくとマリーゴールドやケイトウの花やお供えのがいこつグッズの露店が並び始める。綺麗に飾られたオフレンダ (祭壇) や砂絵に道行く人々は足を止める。

オフレンダAll

人が集まる所には砂絵も飾られる。
砂絵All

この時期は、がいこつやお花が街中溢れる。
死者の日街の風景

キュートながいこつたち☆
カラベラ屋台


死者の日で賑わう街を散歩し、夜は墓地へ向かった。夜のお墓はオレンジ色のキャンドルが灯り、とても幻想的。
遺族がお墓の周りに集まり、故人の魂と一緒に朝までお酒を飲む。楽団も音楽を奏で、みんなで盛り上がるのだ。「一緒に飲んでいかない?」とあちこちから声がかかる。

お墓にいると、とても胸が温かくなり穏やかな気持ちになる。故人に対する遺族の深い愛情がお墓を通して伝わってくる。お墓をみつめる温かい眼差しを見ていると、どれだけ故人が愛されているかを感じる事が出来る。一つ一つのお墓の前で私は立ち止まり、会った事もない故人に思いを馳せる。

この方はどんな方だったのだろう?
どんな生活を送っていたのだろう?

死者の日夜
そんな事を考えているうちに世が明けた。

一度宿に戻り、再度昼間のお墓へ

お墓は「気味が悪い」と思われる方もいるけれど、メキシコのお墓はすごく明るくて綺麗!故人が好きだった食べ物や、子供の場合はおもちゃ等も供えられている。どのお墓も故人を偲んで、趣向を凝らして飾り付けられている。
死者の日昼


「こっちに来て一緒に飲もうよ!」と声をかけられた。お墓の周りを囲む沢山の人。みんな故人の顔写真がプリントされたTシャツを着ている。あまりにも無邪気で太陽みたいな笑顔の遺影を見たら、涙が溢れて止まらなくなった。昨年の9月に事故で亡くなったばかりだというグスターボは、生きていれば私と同じ年齢。11月1日が誕生日という故人に、親族や友達が沢山会いに来たのだ。みんなで明るく歌い、グスターボのお誕生日を祝っていた。

亡くなったばかりだというのに、なんて明るく楽しそうにしていられるのだろう?
彼には小さなお子さんが3人いるが、その子たちも笑っている。
一人の男性がみんなの心情を話してくれた。

みんな心の中ではとても悲しい。だけど、こうしてここにみんなが集まっているのは彼がくれた機会だし、大好きな彼の為に、今日ここでこうして集まっている。彼がくれた機会をみんなで最大限に楽しむ事が、彼が喜ぶ事なんだ。悲しい気持ちは心に封じ込めて、この時を最高に楽しむ事が大切なんだよ。



悲しみを抑えて、故人を明るく迎える。
とても強く優しい心を持ったメキシコ人を、私はより深く尊敬し愛する様になった。

この後自宅にも招いてくれ、夜遅くまで語り明かした。
翌日は特別なセレモニーがあるとの事で、また来る事を約束した。



・・・・・・------☆

翌日教会でのセレモニーに参加させてもらう事になった。
日本の法事みたいなものかしら。

祈りを捧げた後、砂絵をみんなで崩し山をつくり十字架がたてられた。
その後再度祈りを捧げた後、一人一人キリスト様へキスをした。
とても神聖な儀式に参加させてもらえて、とても光栄だった。
セレモニー

各々キャンドルを手に持ちお墓へ向かう。
崩された砂絵の砂をお墓へまいた。
砂絵をまく

その後は飲めや歌えのどんちゃん騒ぎ!
メキシコ人に一気飲み対決を幾度か挑まれて、私はべろんべろん。
突然「早く家に帰らなくちゃ!」と急かされ家へ向かった。
一気飲み対決

死者の日は故人の魂が年に一度帰って来る日。翌日の15時になると、天国へ戻るという。今まで笑顔だったグスターボのお母さんは突然声を上げて泣き出した。祭壇に向かい、さよならの言葉を伝えていた。やっぱり心の中は悲しくて仕方ないんだね。メキシコ人にとって、11月はとても大切な月だという。亡くなった故人と会える日。グスターボ、また翌年に帰ってきてね ^ ^
グスターボ


ご飯をご馳走になったところから記憶がなくなった。リビングのソファーで即死。
仮装パレードが盛り上がったという話は、終わった後に聞きました。私のバカ!
頂いた画像を羨ましげに眺めます。(↓以下7点写真提供:ゆうすけくん&ゆみこちゃん)
仮装パレード


人との触れ合いが深く、思い出に残る出会いの旅になりました。
行く度にどんどん好きになって止まらないメキシコ♪
出会った方々本当にどうも有難うございました!すべての方に感謝いたします☆


スポンサーサイト
Copyright © にじいろ地球さんぽ. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。