スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シャーマンに会いに
*2011年11月13日(日)・14日(月)***地球さんぽ384・385日目

メキシコにはまだまだdeepな世界がたくさんがあって、その1つであるシャーマンの存在。
20世紀最大と言われ、世界的に有名な伝説の女呪術師、マリア・サビーナのいた村。
彼女の亡き後、お弟子さんが今もセレモニーを受け継いでいる。

そのお弟子さんの存在は以前から知っていて、ずっと気になってはいたけれど、訪れないまま時が流れてしまった。何故、今その村を訪れたくなったのかは自分でも分からない。突然相方さんに「行ってくるね」と伝えて、一人コレクティーボに乗り込んだ。

窓側の席に暖かい光がぽかぽか差し込んで、流れる風景の移り変わりにも気づかないほど眠り続けた。スムーズな道がくねくねがたがた道に変わり始めた頃になり、やっと目覚めた。辺りは暗闇に包まれて、たまに通り抜ける村の明かりを虚ろに眺めながら、吐きそうなのをぐっと堪えつつ、早く村に着く事を祈った。目的の村が近づいてくると、何故だか呼ばれていない気がしてならなかった。

彼女には会えない・・・。


ふらふらになりながら村に到着し、お弟子である女性シャーマンの住む家に辿り着いた。迎えてくれたのは彼女の息子さん。地下にある祭壇のある部屋に案内してくれ、彼女のご主人が挨拶にきてくださった。

ごめんなさい。彼女は今いないのです。


用事でバハ・カリフォルニアに行っており、4日後に戻るという。予想をしていたので落胆もさほど大きくはない。4日・・・、待てない日数ではない。眠りにつくまで、ここに残って彼女の帰りを待つか、それとも相方さんの待っているオアハカに戻るか悩んだけれど答えは出なかった。


朝になり、目が覚めた時に自分の中で答えが出ていた。

オアハカに戻ろう。


今回のチャンスを逃したら、今度はいつセレモニーを受けられるかは分からない。一人旅なら迷いもせずに、ここで彼女の帰りを待っただろう。でも、今回は一人ではなく二人旅。

世界旅に出発して、初めての別行動だった。一人で旅するのは慣れていたはずなのに、たった一日会わないだけで寂しく感じるなんて。すっかり一人旅が出来なくなっていた自分に驚いた。今回セレモニーを受ける事が出来なかったけれど、大切な事を思い出せた。いつも喧嘩ばかりしてうるさく感じる事もあるけれど、私の中で相方さんの存在がとても大きなものになっていた事を。


お世話になったシャーマンのご家族に、お礼と再び戻る事を伝えた。


いつの日か、今度は二人で一緒にこの村に戻ります。
それまで、離れる事なく仲良く旅を続けていこう。


そんな事を胸に刻みながら、村を後にした。



水道の通っていないこの村では、一度使った汲み置きの水も再利用している。水の大切さ、忘れちゃいけないね。滞在時間は短かったけれど、村の人々の表情は穏やかで、とても優しい微笑みを私に投げかけてくれた。ぽかぽかな陽射しと同じ様に、この村も温かった。


久しぶりに日記を書きたくなったのも、この村のお陰かもしれない。
この村を訪れた事は決して無駄ではなかったはず。そう思えば幸せだ。


宿に戻り、私の姿を見た途端に子犬の様に飛びついてきた相方さん。
考えていた事は二人とも同じだった。やっぱり幸せに違いない。そうだそうだ・笑



20111114_01
セレモニーを行う地下の祭壇のある部屋。ここで寝かせて頂いた。

20111114_02
シャーマンの旦那さまとお孫さん。そして、ご馳走になった食事。質素だけどどれもとても美味しかった。

20111114_03
シンボルであるマリア・サビーナときのこ。ついつい買ってしまったこの村の民族衣装。(これでも地味な色合い選びました・笑)



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
 
↑久々にポチっとお願いします




スポンサーサイト
オアハカ、またね!
*11月18日(木)***地球さんぽ24日目/オアハカ19日目(実質レート:1ペソ=6.75円)

あまりにも居心地の良いオアハカの街と宿のお陰で、予定外で19日も滞在してしまった。何だか住んでいる気分になって、この街を離れるなんて信じ難い。このままこの街に居着いてしまおうか、、、なんて脳裏によぎったりもしたけれど、11月20日の革命記念日にはメキシコシティに戻らないとね。そのために一カ国目をメキシコにしたんだもの。日本人宿のオーナー田澤さんいわく、オアハカでは革命記念日を15日に移動してしまったらしく、聞いた途端に愕然としてしまった。でも望みはまだ捨てちゃだめ。とにかくダメ元でメキシコシティに戻らなくては。


お世話になった宿のスタッフ。毎日綺麗に掃除をしてくれたシンティアとナディ。
2010.11.18オアハカ01

私たちと同じくらい長く滞在していた、隣りのドミのアメリカ人たちとオーナーと娘のチューイ。
オーナーは「自分の家だと思って、いつでも帰ってくるんだよ」と言ってくれ、本当の家族みたいに接してくれた。離れるのが寂しくて涙が出そうになったけれど、また戻って来るからね。
2010.11.18オアハカ04


二等バスターミナルにメキシコシティ行きのチケットを買いに行く。一等バスターミナルよりも格安でチケットが購入出来るのだ。メキシコシティ行きのチケットは数カ所のバス会社から出ている。最安で230ペソのチケットもあったが、バスの綺麗さと出発時間など考慮してFPSA社にて240ペソのチケットを購入。同じ会社でも出発時刻によって、WC&TV付、WC&TVなしとあるので確認するのがベスト!同じ金額なら良いバスの方がいいもんね。
2010.11.18オアハカ05

夜出発まで時間があるので、バスターミナル隣りのアバストス市場へ。メキシコの数ある市場の中でも、先住民の昔ながらの雰囲気が味わえる場所の1つ。
2010.11.18オアハカ06
かわいらしいセニョリータの呼び込みに足を止め、試食のはちみつを頂いた。濃厚の甘さで買わずにはいられず購入。(5ペソ)

チョコラテ屋さんの気さくな人たち。「ヒメナって名前が書いてあるの」と背中のTATTOを見せてくれたけれど、姫のへんと作りが離れ過ぎていて、すぐに気づかなかった。私の反応の鈍さに不安になったヒメナちゃん。「うん、読めるよ」。。。どうにかね。。。
2010.11.18オアハカ07

いつも通っていたお気に入りのタコス屋さん。ここのTripaが美味しいんだよね。当分来れないので食べ納め。(30ペソ)
2010.11.18オアハカ08

前日のイエルベ・エル・アグアでぶよに刺された箇所が痒くてたまらない。20カ所近く刺されたんだけど、パンパンに腫れて痒さを通り越して痛くなってきた。あまりの腫れで手の感覚が鈍くなり、手を結んだり開いたりするのも困難に。一日様子をみたけれど、どんどん悪化していくので薬局に薬を買いに行った。なんと、メキシコの一部の薬局にはメディコというお医者さんが常駐している。Ahorroという薬局は無料で診察してくれ、薬を処方してくれる。なんと親切なシステム!(薬局によっては診察料をとる所もあります。その分薬代は安いらしい)診断結果はアレルギーとの事。ぶよに刺されてアレルギーになるとは驚いたけれど、5日分の抗生物質と塗り薬をもらい安心!スペイン語ぺらぺらの山本さんが同行してくれて本当に良かった!
2010.11.18オアハカ10

オアハカのソカロは労働賃金をめぐってのデモが再開していた。寒い場所で寝泊まりをして訴える労働者たち。厳しい現状が伝わってくるけれど、皆さん笑顔で接してくれる。前向きに頑張っているんだね。少しでも改善される事を祈っています。
2010.11.18オアハカ11

最後にいつも通っていたデザート屋台とトルタ屋さんにご挨拶。「また戻って来る」と伝えると笑顔で送り出してくれた。
2010.11.18オアハカ12

バスの時間まで宿で過ごす。遅い時間にも関わらず、最後までつきあってくれ送り出してくれた山本さん。いろいろとお世話になり、本当にどうも有難うございました!また日本か世界のどこかでお会いましょうね オアハカを出る最後の最後まで皆さんに優しくしてもらって、本当に良い思い出ばかり。またこの街に戻って来る日を楽しみにして、夜中の1時15分にメキシコシティへ向けバスは出発した。
2010.11.18オアハカ14



現在地:メキシコシティ

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
 
↑世界一周旅ブログのランキングに参加中♪
1日ワンクリックしてもらえると、ランキングアップするので喜びます☆
褒められるとがんばる子なので、応援宜しくお願いします


イエルベ・エル・アグア
*11月17日(水)***地球さんぽ23日目/オアハカ18日目(実質レート:1ペソ=6.75円)

先日、中継地点のミトラまで行ったにも関わらず、Hierve el Agua(イエルベ・エル・アグア)まで辿り着かなかったのでリベンジ!(その時の記事はコチラをご覧下さいね。→ミトラ遺跡)
前日と同じ国道109号(パン・アメリカン・ハイウェイ)野球場前からミトラ行きのバスに乗り、終点のミトラにて下車。(所要時間:1時間10分/14ペソ)  前回と同じく村の入口のY字路でイエルベ・エル・アグア行きのCamioneta(カミオネータ/乗合トラック)を待つ。一時間弱待った所で6人が集まり、めでたく出発(一台6人乗りで往復300ペソ/一人50ペソ) ヤッター!!!

未舗装の道に入ると砂利道でこぼこの悪路となる。機織りの音が聞こえる小さな村を通り過ぎ、眺めの良い峠を越え、一時間弱で渓谷地帯にあるイエルベ・エル・アグアに到着。(入場料20ペソ:毎日8時~18時)

Camionetaのドライバーは17時までの2時間待ってくれるとの事。それまで各自自由行動。食堂兼商店が数軒ちょこんと並ぶので、そこで小腹を満たす事も出来る。
2010.11.17オアハカ08

サボテンの群生や景色を眺めながら下りて行く。
2010.11.17オアハカ02

ついに念願の天然プール!先客は綺麗なお母さんとかわいらしいお子さん。
2010.11.17オアハカ03A

大自然にある緑色の美しい天然プール。水はお世辞にも綺麗とは言い難いが、絶景を眺めながら天然水に浸かるのは最高に気持ちがいいだろう。服のままや水着着用で入る事も可能だが、今回は眺めるだけに。トルコのパムッカレに似ているけれど、景観の美しさではこちらの圧勝!ただただ、緩やかに流れる時間に身を委ねて、流れる水の音と風の音に包まれた。Camionetaで一緒だった2組のカップル達も、自分のお気に入りの場所を見つけ、それぞれの時間を楽しんだ。
2010.11.17オアハカ03B


遠くに見える断崖絶壁の石化した様な滝。まるで轟音をたてて流れているかの様。ここはミネラル濃度が非常に高い水が湧き出ており、長い年月をかけて岩を溶かしながら流れ落ちたと言う。やがてそれが固まって今の独特な景観が作り出されたそうだ。1周約2kmの見学コースが設けられているが、滝を間近で眺めるのは次回のお楽しみにします♪
2010.11.17オアハカ04

上から眺めた景色。
2010.11.17オアハカ05

キッチン付きでテント泊も出来るらしい。眺望を楽しみながらのキャンプも魅力的!
2010.11.17オアハカ06


17時の集合場所に一組のカップルが現れない。30分以上待つが戻って来ないので彼らを置いて17:37Camionetaは出発。こんな場所に残されて、彼らの行方が気になるところ。。。

18:35 ミトラ到着。前回はバスが来なかったため乗合トラックにて帰ったが、今回は20分ほど待ってオアハカ行きバスが来た。ラッキー! オアハカ周辺の街は行く時は、必ず終バス時刻を聞いておくと安心です。

やっと来れたイエルベ・エル・アグア。予想以上に景観が素晴しく大満足。この様な景観を作り出す為に費やされた年月を考えると、自然の織りなす神秘に改めて感動した。次は午前から来て天然プールに入ったり、滝を観に行ったりしよう。また訪れる楽しみを残しておくのが私たち流。何回来るんじゃい!何回も来るんじゃい!

【注意】シーズンにもよりますが、私たちが行った時はぶよが大量発生!黒い服に寄ってくるので、イエルベ・エル・アグアに行く時は、虫除けスプレーに白い服着用で行きましょう。nicoのプチ悲劇は次回へ



現在地:メキシコシティ

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
 
↑世界一周旅ブログのランキングに参加中♪
1日ワンクリックしてもらえると、ランキングアップするので喜びます☆
褒められるとがんばる子なので、応援宜しくお願いします


エル・トゥーレ
*11月16日(火)***地球さんぽ22日目/オアハカ17日目(実質レート:1ペソ=6.75円)

オアハカには何度も来ているのに、観光名所に意外と行っていなかった。メキシコ初の相方さんの為にも、今回は有名どころくらい、せめて行かないとね。先日、田澤さんから2等バスターミナルまで行かなくてもJalatraco(ハラトラコ)を通り、野球場前からバスに乗る方がいいとアドバイスを頂いた。確かに2等バスターミナルからその通りをバスは通るので、エル・トゥーレ、ミトラ方面ならそこから乗った方が宿から近いので、その方法で行く事に。

こんなにかわいいがいこつ壁画のあるハラトラコの街を通って行く。
2010.11.16オアハカ01

“地図の読める男”が一緒だと安心!スムーズに教えて頂いた国道109号(パン・アメリカン・ハイウェイ)に出た。そこからEl Tule(エル・トゥーレ)行きバス(5ペソ)に乗る。この道は行き慣れたトラコルーラやミトラ行きと途中まで同じなのでちょっと嬉しい。途中で二股に分かれ、右がエル・トゥーレ方面行き。オアハカから東へ10km、バスに乗車してから30分程でトゥーレ村に到着。

小さなトゥーレ村には樹齢2000年以上、高さ42m、根元幹周58m「アメリカ大陸最大の木」として知られるArbol del Tule(トゥーレの木)がある。ギネスブックには世界最大の樹(ヌマスギ)として登録されている。この村には同じヌマスギの巨樹が9本あるというが、全てこの樹の子ども・孫であるという。このヌマスギは現地で「アウェウェテ」と呼ばれており、ナワトル語で「水の老人」という意味である。トゥーレ村の“トゥーレ”も水草の名前で、水を好むヌマスギが非常に水に恵まれ、この地に残されたとのこと。

サンタマリア教会の敷地内にあるトゥーレの木を近くで見るには、5ペソのドネーションを払って入りましょう。教会よりも、もっともっと背の高いトゥーレの木
2010.11.16オアハカ03_3.jpg

行った事のある人から話を聞くと今イチとか言葉を濁す様な反応が多く、正直行くまで期待していなかったんだよね。ところがどっこい、余りの樹の大きさに、神聖な力を感じる事が出来るのです。ゆるりと周りを歩いてみると、樹の幹が美しすぎて、見る方向によって様々な曲線を描いている。その美しいカーブの奥に、何かが隠れ住んでいそうな雰囲気。小動物や妖精が住んでいるんじゃないかって想像したりして。巨樹から出される命の源を感じ、鳥の鳴き声を耳を澄まし、しばし物語の世界に引き込まれた。しゃがれた声で今にも話しかけられそうな気がして、何度もふりかえって耳を澄ました。
2010.11.16オアハカ02

同じ敷地内の植え込みも、孔雀や象、いろいろな形に刈り込まれ手入れされている。何の動物がいるのか探してみるのも楽しい。
2010.11.16オアハカ04.jpg


神秘の力をたくさん感じた後は、教会の周りにあるお土産屋さんや民芸品市場を冷やかしてみるのも楽しい。綺麗に整備された歩道を歩くのは、歩き易く大きく深呼吸をしたくなる。
2010.11.16オアハカ08.jpg


十分に堪能した後は、急いでオアハカ市内に戻る。サンミゲルの宿で一緒だったユキさんと、オアハカの宿で一緒の山本さんと相方さんの4人でベインテ・デ・ノビエンブレ市場の焼肉小道へ向かう。この市場を通る度に、炭火で肉を焼く匂いに惹き付けられていたの。せっかくなら何人かで来たいと思い、このチャンスが訪れるのを待っていた。
2010.11.16オアハカ05

先ずはずらっと並んだ中からお店を選びテーブルを決める。肉の陳列台からメインのお肉を選ぶと係のお兄ちゃんが手際よく肉を切る。それを慣れた手つきでセニョーラが炭火で焼いてくれる。焼ける匂いがたまらなく食欲をそそる。つけあわせにトルティーヤ5枚(15ペソ)とワカモーレ(12ペソ)を注文。先に夕食をとっていた山本さん以外の三人でシェアする。オアハカ名物の干し牛肉タサーホやチョリソーなど3種類をチョイスした。(85ペソ) 焼きたてのお肉を手で裂きながら、トルティーヤにはさんで豪快に食べるのは、普通に食べる以上に美味しさが増す。もくもくに煙る焼肉小道で視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚の5感で感じながら食せるのが最高!
2010.11.16オアハカ06.jpg


やっぱり〆はデザートでしょ!いつものデザート屋台でいちごミルク(8ペソ)を食し、幸せな一日が終わった。
2010.11.16オアハカ07.jpg



現在地:メキシコシティ

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
 
↑世界一周旅ブログのランキングに参加中♪
1日ワンクリックしてもらえると、ランキングアップするので喜びます☆
褒められるとがんばる子なので、応援宜しくお願いします


¡Felíz Año Nuevo!
とっくに明けちゃいましたが、おめでとうございます!

滞在しているメキシコシティの宿「ペンションアミーゴ」のネット回線も年末年始休みだった様で、久しぶりの文明生活復帰です。年始のご挨拶が遅くなってごめんなさい ネットが使えないと、こんなにも不安でソワソワするんだとネット依存症の自分に驚かされます。逆に毎日気兼ねなく朝まで呑んだ暮れる事が出来たというメリットもあるけれど。これでいいのかは微妙ですが。。。

昨年を振り返ってみると、私の人生で一番思い出深い一年となりました。
世界一周雑貨バイヤーから始まり、結婚に世界一周スタート!
こんなにも濃ゆい出来事を一年に閉じ込めてよいのだろうか?と思うほど、ぎゅっと凝縮1,000%の2010年。世界中のフルーツを全部ミックスしちゃいましたよってなくらい贅沢ジュース!CMYKの掛け合わせを微妙に変えた繊細な色味を取り揃えた木箱入500色鉛筆って感じでしょうか(なんじゃそりゃ) 意味不明ですが、そんな感じの盛り沢山な一年でした。

ジュースにしても色鉛筆にしても、最も重要な決め手は、周りの皆様の愛のスパイスでした!本当に沢山の皆様に支えられた年でした。「ありがとう」という言葉を一生分使い果たしたんじゃないかって思うくらい。何万回以上も唱え、感謝の気持ちで満ちあふれた2010年でした。

そんな大切な一年の締めくくりと新しい年の始まりに相応しいのは、やっぱり私の愛して止まない国メキシコ!天国にいる様な常夏の海辺の街シワタネホを泣きそうになりながらも移動したのは、首都である大都会メキシコシティで新年を迎えたかったから。

日本人宿で生姜焼き・餃子・茄子の炒め物・豚汁の豪華日本食パーティーの後は、革命記念塔前特設ステージでのメキシコ親父100%な有名人“JOAN SEBASTIAN”のライブ。そして、巨大スクリーンに映し出されるカウントダウンと共に打ち上げられる花火は頭上で大きく花開き、とても感動的な2011年の幕開けとなりました。独立100周年記念セレモニーでお金を使い果たしたらしく、例年よりは小規模だったらしいのですが、私たちには十分すぎるほどでした。大好きな国で年越しできる幸せと喜びを噛み締めると共に、私の頭の中ではお世話になった沢山の方々の笑顔の花火が打ち上げられました。




昨年は本当にお世話になりました。
2011年、日本にいる皆様と距離的に離れておりますが、心はいつでも近く繋がっていると信じています。本年も変わりなく宜しくお願いいたします。


どんな一年になるか想像もつきませんが、こうして自分の最大の夢である世界一周を続けられることに心から感謝しつつ、相方さんと一緒に仲良く健康に地球さんぽする事が目標です☆ このブログを読んで下さっている皆様に、いろいろな街の色と空気をお届け出来たらと思います。これからも引き続き応援して頂ければ幸いです

mixiで4年連続だった恒例の「マイミクの皆様へひとりずつへのメッセージ」今年は出来ずに残念です。毎年楽しみにしていてくれた方が多かったので心が痛いですが、またいつの日か出来ればと思います。そして、年賀状をくださった方々、お返事出来ずに申し訳ありません。この場を借りてご挨拶とさせていただきます事をお許しください。



今年も一年、皆様がたくさんの笑顔と幸せに包まれます様に。

2011年もどうぞよろしくお願いします♥


20110101FelizAno



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
 
↑世界一周旅ブログのランキングに参加中♪
1日ワンクリックしてもらえると、ランキングアップするので喜びます☆


Copyright © にじいろ地球さんぽ. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。